プロジェクション(アライブ)

「最初、私たちは彼らを私たちに似せて作りました。
そのため、試着しなくても、このジャケットが自分に似合っていると自分に言い聞かせることができます。
わらでできた人型の代替品から実物より大きいシリコーン人形まで:
何年にもわたって、私たちはそれらを本当に似せることができるようになるまで、自分自身を完成させてきました。
しかし、魂のない永遠に、彼らは私たちを怖がらせました。

進化を続け、それらは洗練され、昇華され、創造者の狂気によってのみ制限されています。
その時、私たちは彼らのようになることを夢見始め、自分自身が違うことを夢見るようになりました…」